ファクタリングにより問題を解決

ファクタリングにより問題を解決

企業が取引先相手に対して、売掛金を保有している場合、保有側の企業にはリスクが発生します。

売掛金の支払いは、定められた期日に基づいて行われます。

もし、保有側の経営状況が悪化しているなどで資金が必要で、売掛金の支払いが期日前にあれば対応できるという状況が発生する可能性があります。


その様な場合、ファクタリングを利用すれば解決することができます。

これは、保有している売掛金を、ファクタリング会社が支払い義務のある企業に変わって本来の支払期日前に支払いするという仕組みです。


このファクタリングには様々なメリットがあります。

OKWave情報を集めたサイトです。

まず、企業が債権を売却し、売却代金を受け取る場合に無担保で売掛金や受取手形などの債権を期日前に資金化することができるため、キャッシュフローを改善化することができます。

ファクタリングの方法情報に精通したサイトです。

また、償還請求権が不要の状態で債権の譲渡をするため、賃借対照表で負債になることはありません。
そして、ファクタリング会社が回収のリスクを負担してくれることです。

これは、何らかの事情が発生し支払い義務のある会社が倒産してしまうなどによって、売掛金の回収をすることができなくなってしまった場合は、ファクタリング会社に対する支払い義務が発生しないということです。



この様に、売掛金を早期に資金化することによって特に中小企業にとってはメリットが大きいため、支払側と受取側との協力体制を組むことがになるため、非常に安心で安全な資金調達方法です。

Copyright (C) 2015 ファクタリングにより問題を解決 All Rights Reserved.